2012年11月16日金曜日

気温、急降下中

かっこよすぎて鼻血がでそう





FlyとSK8(これでスケートと表するらしい)。ハイスピードカメラで追う軌道の曲線美。



寒いので毛ばりを巻いて妄想に耽る夜なのでした。



そうそう、Dehenのセーターを買いました。



でも寒くてねえ。雪が降るまえにもう少しがんばって走ってみようとは思うんだけども。



なんたって子どもが子どもらしさを放棄するぐらい寒いんですから(ウチの子だけか)。


明日はついに「EVAのQ」が公開されるのだが、残念ながらゴルフである。日曜は駅伝でこれまたお仕事なので、来週はきっとモヤモヤしている。

2012年11月13日火曜日

P,F,F,P!




若い頃に手放したバイクとネットオークションで再会を果たしたとある男性のお話


事情があって、32年前に手放さざるを得なかったパンヘッド(58年式デュオグライド)と、ネットオークション「eBay」で感動の再会を果たした男性の実話。


『最初のバイクはモンタナで買った。世界で一番美しいバイクだった。
高校2年生の時だ。ホンダはまだなくてハーレーかインディアンだった。
若者としての儀式みたいなもんだよ バイクに乗るっているのはね
バイクで稼いでいいのは俺だけだって思ったもんさ
小さな頃からバイクは好きでただそれだけをやりたかった。
人生の計画はなかったよ
どうやってバイクに乗り続けるかしかなかった。

それから13年、娘が生まれた
金が必要で、だからバイクを売った。
間違いだ、ってのは分かってた。
もし再び出会えたら、って何度も考えたけど
俺の祈りが届くことはなかった。

あきらめて同じ58年式のハーレーを探していたときだ。
あいつに会えるとは思っていなかったよ
でも何年か探し続けていたのさ


そしたらある日のことだ たしか32年後だよ、売ってから。
あいつがいたんだ。
フレームナンバーが同じだった。
中古バイクに妥当な額で入札したら競り負けた。
「神様、もう一回だけチャンスを」と祈ったね
そしたら1年後、またebayに現われたんだ。
今度は俺にとっての価値の分だけ入札した。

人は失ったものについては語りたがらない
父には57年式のハーレーを売ってほしくなかったし
祖父にもバイクを売って欲しくなかった。
俺は、自分のバイクを取り戻せた男なのさ
こいつしかないってバイクをね ああそうとも』

2012年11月12日月曜日

回頭作戦。

ガレージへの入庫の際、落差が20cm弱もあるので木の自家製ラダーを使ってバイクは頭から入れておりました。
整備上は問題ないのだけど、やっぱりガレージの扉を開いたときの構図が寂しい。室内で飲むコーヒーがおいしくない。頭出ししたい。ということで回頭作戦決行。



バイクリフターコロコロという文明の利器を使用したら割と簡単にぐる〜っと後輪移動ができました。
しかし陸王は出して後から入れるしかなくて、ハンドルを持っていわゆるバイク屋さん押し。





昨日は娘を連れて再びの仙台アンパンマンミュージアムへ。


クリスマス一色。


・・・そんな目で見ててもなにも買ってやらないからな。




お父ちゃんが「Go Pro」で散財してしまったからである。