2012年1月20日金曜日

東京初雪

今日はココ東京でも雪が降りました。東京では、路面がうっすら白くなると大雪と表現します。朝の通勤電車も遅れました。夏は亜熱帯レベルになるので仕方なかろうと思ってますが。

よく『雪国出身の人は雪道で転ばない』とか言いますが、転び慣れてるだけだと思います(笑)。
東京では相当な距離を徒歩で済ませてしまいますから、意外とつま先から歩くという凍結道テクを知っているのは首都圏のほうかも知れません。
とか言いながら、東北出身なのにスキー場に嬉々として行くなどありえない体質になってしまったのでえらそうなことは言えません。


どなたかもう使わないであろう一点モノのブルース・リースノボ板を買って頂けないでしょうか。ついでにバートンのブーツとボンファイヤーの上下もセットでいかがでしょう。
それ売ってカーボンヒーター買うから。




とりあえず陸王ですが、シリンダーがまだ来ないのでスモールエンドのブッシング交換を先にしておきました。



リーマー通しするゾーと思っていたら、デジノギの電池が切れてしまいました。
SR44という電池はビックカメラなど家電量販店に行かないと入手できないので(コンビニで売っているのはLR44)、終了。寒いし。


2012年1月15日日曜日

大相撲初場所見物


江戸旧酔狂独立師団「御徒町遊撃隊」、新年一発目の酔狂は聖地、両国国技館である。
大相撲初場所、7日目に見参。


motoさんの粋な仕切りで、枡席で楽しんでしまいました。15時前からフルスロットル!
名物の焼き鳥弁当でちびちび飲る。でもエンジン(スモールエンド近辺)の話ばっかりしてたような・・・(笑)


中入りなのに、我々すでに泥酔。


ワタクシのお気に入り力士は十両三枚目、隆の山である。
チェコ出身鳴門部屋。得意手は左四つ、上手投げ。
この日は押し出しで勝ちました。


典型的なソップ型だが見事な背中に宿る鬼の顔、江戸の浮世絵にあるような力士の姿にホレるのである。ハゲててそのうちマゲが結えなくなると思うので、総合に行ってもらいたい。



幕内は迫力あるねえ。
日本酒はすでに3本目(6合)。


御徒町遊撃隊の枡席はろう城の酒盛り状態となっていた。
あ、稀勢の里戦が始まりますよ。





隣りの枡席の方々と意気投合してしまい、横綱戦なのに全く見ないで盛り上がってしまいました。
革ジャンの兄ちゃんが凄く相撲に詳しかったのです。


弓取りが終わっても一向に帰ろうとしない困ったお客さんたち。


国技館を後にして、やはりお約束「ちゃんこ鍋」でトドメ。
もはや酩酊。


大相撲見ながら枡席で飲む日本酒は鉄板でしたな〜。ありがとうございました。また行きましょう!江戸旧酔狂独立師団、御徒町遊撃隊の斥候は続く。