2009年7月31日金曜日

またマニアックなTシャツを手に入れた。


2ヶ月待ちましたぞ。
週刊プロレスと初代タイガーマスクの華麗なるコラボ!『スーパータイガー・ジム復刻Tシャツ』ダーーーッ!!イー、ニー、サンッ!ダーーッ!!

時は昭和晩年、現代にまで至る大きな潮流が力強いうねりを上げ始めた。世に真の強さを問うた男たちの居城、タイガージム。シューティングの魂を宿す逸品が週プロ読者のためだけに今、復刻!ああ、青春!

正面はコレ。そうそう、これなのだよ。・・・PUMAじゃないから。


中学生のときの愛読書であった。休み時間は、技の実験タイムだった。夜は道場でお稽古して、深夜はデーモン小暮のオールナイトニッポンを聴く、という生活だった。
ボクの青春の全ては、UWFと空手と、佐山聡だったのだ。


そう言うと硬派に聞こえるが、女の子はもちろん一番好きだったのは言うまでもない。

2009年7月28日火曜日

ブラッド・ピットのパンヘッド。

takuさんが、HDNレポでアメリカの木村さんトコに行ってきたそうです。

木村さんには、ボクが数年前に「焦げパン」で初の大阪船場〜東京の自走納車の際、ちょうど岡崎あたりでエンジンが抱きついちゃって、ぽんさんからゼロに連絡してもらい、軽トラで木村さんが助けにきてくれた、なんてエピソードがあった。
そのときのゼロエンジニアリングでの、木村さんはじめスタッフたちによる焦げパン開頭手術の手際の素晴らしさ、これは今でも脳裏に焼き付いている。
ゼロのテストコースを走って、みんなで輪になってお弁当を食べて。
レポを読んでいたら、また会いたくなった。

木村さんお手製のパンヘッドのオーナーの一人が、あのブラピ様、なのである。




往年のゼロスタイルって、けっこう好きなんだ。虫っぽくて。・・・そういえば、木村さんは大学で昆虫学を専攻されていたと思う。
お会いできたら、水生昆虫についていろいろ伺ってみたいものだ。
わざわざ『chabott』まで行って、虫の話。いいねえ。
カディス、ダン、メイフライ・・・虫の生態を熟知しているだけに、フライフィッシングをされたら相当上手いと思う。


ハマると思うんだよねえ、木村さんは。



いつかは、アメリカでフライをしてみたいもんである。

2009年7月26日日曜日

58G:クロスミッション化計画始動。


我がフラットヘッドのミッションを降ろしました。



ミッションをバラしました。



クロスレシオ・ギアを組み込むのです。クロスレシオ化です。

ちなみに、CROSS(クロス:交差する)ではなく、CLOSE(クロゥス:接近している)であります。
サイドバルブの750ccは3速ミッションですが、この2速と3速間の差を小さくして加速重視にすることで、エンジンのパワーバンドをフルに使用して大きな戦闘力を発揮するのであります。
トップスピードは変わりません。





キックのギヤ抜けが激しく、なかなかエンジンが掛からなかったのですが、こんなに削れておりました(上:使用していたクラスター。下:新型クロスレシオ)。



Gモデルだからバックギアが付いてたんですね。4速ミッションが750サイドバルブ用にリリースされるそうですが、きっとここが1速に使用されるのかな?



また謎のマジックペンの痕跡が・・・!!BOBさんか(笑)?